子どもはひとりでいい。自分の人生も楽しみたいから。

無糖
ママとしてだけの生活に何十年もを捧げたくない

なんて言うひと、現実にはめったにいないと思うけど一定数いるよね。

子どもに我慢はさせたくないし、わたしもしたくないし。

経済的にかなり困窮した家庭で育ったせいもあるかもしれないけど、自分の子どもには経済面で苦労して欲しくない。

我慢もしてほしくない。

やりたい勉強、習い事をさせてあげながら、贅沢とはいかないまでもわたしや夫も楽しみを我慢しない程度に暮らしていきたい。

老後子どもに迷惑をかけないように、資金も貯めておきたい。

そう考えたら、ひとりっ子だなって思う。

兄弟がいないのはかわいそうって意見もわかるし、そりゃいた方がいいだろうけど、それでキツキツの生活になったりする方が嫌だ。

 

妊娠・出産は一度でかんべんして欲しい

無糖
しんどすぎるだろう
ねえ。あんなしんどいことあるかね。
つわりに、食事制限、体重管理、感情のジェットコースター、エトセトラ、エトセトラ。

出産だって命がけ。

子どもはかわいい。でも、もうトラウマ。すっごいトラウマ。

だから一度でいい。

 

ふたり以上同時進行で子育てできる気がしない

無糖
ふたり以上子どもがいるママはどう見ても大変そう
その大変を超える幸せがあるのだろうけど、わたしは多分大変が勝ってしまいそう。
あっちでキーキー、こっちでキーキー、ちょっとつらいね……。
自分のキャパは、自分がよく知っている。

でも、一番の理由は自分の人生楽しみたいから

子どもの数が増えると、子どもに割く時間がどうしても増える。

自分の人生楽しみたいからって、子どもをほったらかしにしてまでやりたいわけじゃない。

もちろん、母としての喜びとか楽しみとか感じたいし、役割もきちんと果たしたい。

そのうえで自分も楽しみたい。

オシャレもしたいし、趣味も楽しみたい。駅前が便利な駅、きれいな家に住みたい。たまには旅行して、なんでもない日に美味しいお店のケーキ食べたい。

家に親がいないのが子どもの頃寂しかったから、わたしは扶養内で働きたい。夫にもできれば仕事は早く帰ってきてもらって、家族の時間を作って欲しい。万が一精神を犠牲にするくらいなら、仕事を辞めて欲しいと思う。

と考えると、やっぱり子どもはひとりにしとこう……と思う。

無糖
あんまり大声では言えないね
関連キーワード
おすすめ記事