観葉植物で窓の目隠しをする<小さく買って大きく育てる長期プロジェクト>

無糖
同じことを考えている方の参考になれば!

我が家は立地的にお隣さんさえ気にしなければリビングのカーテンを開け放てるのですが、そのお隣のおばちゃまがうちの子ども見たさに家の中を覗いてくるという事案が起きています。(悪い人ではないんだけど…)

もともと明るいというわけでもない我が家、できればカーテンを開けて過ごしたい…!

というわけで、目隠しの方法を考えたのです。インテリア性も大事にしたいし、急に外にフェンスを建てたりしていかにも隠しましたよ、みたいな角が立つようなこともしたくない…。

無糖
はっ!植物が育っちゃって見えなくなっちゃったっていうのはかなりスマートなのでは!?
ということに気づいたので、その記録を残します。

観葉植物の選定 2022.3月末

ポイント
①縦に伸びるもの
②かつ、ボリュームが出るもの
②成長が早いもの
③あまり似通った形で揃えないこと
④自分の気分があがるもの
加えてさんさんと太陽が降り注ぐ環境ではないので耐陰性の強いものをチョイスしました。似通った形で揃えないのは審美的なことと、縦に伸びるもの、横に(多少は)広がるものなどそれぞれあった方が目隠ししやすいだろうからです。
鉢は全部で6つです。ちなみに家はブラインドカーテンで、ぎりぎりお隣さんと目の合わない高さで開けています。
・モンステラ
・パキラ(実生)
・ゴムノキ
・ステレオスペルマム
・ストレチアオーガスタ
・コンシンネレインボー
全部1000円以下で買ってちまちま育てていたものです。
ステレオスペルマムなんてダイソーで100円で買いました。
1年でこの成長なのでおすすめです。最後に他の植物の成長日記もリンクしておきますね。
この記事では成長過程、目隠し度合い、を記録していきます。
これから植物も買うよという方はホームセンターや園芸店でそこそこ育っている苗(600~700円出すと大きくはないけど小さくもないサイズのものが手に入る)を買うのがおすすめです。雑貨屋で買うのは割高です。数が必要なので金額抑えめでいきたいですよね!
鉢は陶器のものがかっこいいですがお値段が高いし重いです…。
このプラスチックの鉢が扱いやすくて、めっちゃ安くて、丈夫です。これに気に入った鉢カバーを装着すれば完璧。白とダークブラウンを買っておけばどんな鉢カバーにも馴染みます。
鉢カバーは気に入ったものをゆっくり揃えていけばいいかと。少しざらっとした質感で凹凸もついているので、このままむき出しで使っても耐えられると思います。

そして、窓は実は2つあって一つは上記の室内から目隠し計画、もうひとつは外の樹木で目隠し計画を企てています。(ちょっと見切れていますが…)

ちなみに写真の真ん中の4鉢も上のプラスチック鉢を使用中です。

成長してきたらまた更新します。
◆選抜された植物たち◆
◆おすすめ記事◆
おすすめ記事