<植物好きあるある>観葉植物・ガーデニングにハマる人の特徴を考えてみた

無糖
ガーデニング初心者、無糖です!
今回は、”観葉植物・ガーデニングにハマる人の特徴 & あるある”について自分の経験をもとに書いてみました。
暇つぶし程度に楽しんでもらえれば嬉しいです。

最初はただインテリアとして購入した

インテリアに興味がある人なら「ここに観葉植物を置きたいなあ」という考えにかなりの確率で行き着くと思います。

そうして1つ2つの植物を迎えて部屋に配置。そこから先の行動で植物にハマるかそうではないかに分かれます。

ハマる人の行動

「せっかく気にって買った植物、どうせなら元気に育って欲しいなあ。育て方を詳しく調べてみようかな」

「日光が好きなのか。部屋のここに置きたかったけど、窓の近くに置いてあげるか」

「今日は新しい葉っぱ出てるかな、水は足りているかな?もっと大きい鉢に植え替えした方がいいかも?」

こんな感じで、はじめはインテリアのためだけに買ったけれど、気が付けば植物ファーストな環境を整えてしまうような人。

なんなら最終的には増えた植物のために模様替えをしたりしちゃうかも。

ハマらない人の行動

「これはここに置いて、完璧だあ。水あげるの忘れないようにしよう」

「あれ、なんだか葉っぱに元気がなくなってきたような気がする」

「調べてみたら日光不足みたい。でもここに置きたいんだから仕方ない」

「枯れちゃったか。そういえば最近水やりも忘れてたなあ。これは捨てて次はフェイクにしよう」

植物はあくまでインテリアでしかない人は、おそらくこんな感じではないでしょうか。

新居を購入 or 引っ越しを機に

新居の購入、引っ越しを機にガーデニングにハマる人も多いと思います。

庭にシンボルツリーを植えたり、玄関回りを鉢植えで飾ったり、ベランダガーデニングも素敵です。

最初は、家には植物を植えるものだから、くらいの気持ちで始めそこから植物の魅力に目覚めるパターンです。

元来、植物に興味を持てない人は植えたとしてもほったらかしです。枯れたプランターもそのまま放置なんて光景珍しくないですよね。

ファッション・アートが好き

植物って美しいです。美しいものに惹かれる人は、ファッションやアートにも興味がある人が多い気がします。

そういう人は目に入るものはできるだけ綺麗なものであって欲しいと考えます。

なので、植物がくたっとしているとか葉が枯れてきているとか直感的に気になるし、気が付いたらすぐ対処しなければという気持ちになるのです。

流行りをどんどん追いかけるタイプより、自分の好きなものを突き詰めている人に当てはまるでしょう。

アクアリウムが好き

水生生物を育てるのが好きな人は、ガーデニングの素質があると思います。

犬や猫のような動物と違って水生生物は感情をあらわしてくれません。だからこちらが観察して、気が付いて、世話をしてあげる必要があります。

また、水槽をデザインするのと庭などをデザインするのは通じるものがありそうです。

スピリチュアルな思考に抵抗がない

スピリチュアルに傾倒しているほどじゃなくても、そういう考えは案外すっと受け入れられるような人。

目に見えないものも存在するということを感覚で信じられる人は、植物が発するエネルギーも受け取りやすいのかもしれません。

植物を見て、癒される人と何も感じない人がいます。何も感じない人は植物を育てようなどとは思いません。

人間嫌い

本質的に人付き合いが苦手な人は、植物にハマる傾向があると思います。

植物は自分の働きかけに対して、素直に答えてくれます。裏切らないし、気を使う必要もないですしね。

人付き合いが苦手な人は考えこんでしまうタイプでもあるので、植物の世話に没頭したり眺めている“無”の時間が心地よいのかもしれませんね。

 

以上、”観葉植物・ガーデニングにハマる人の特徴 & あるある”でした。

おすすめ記事